スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑固一徹を打ってみた

g1.jpg

巨人の星シリーズで、「頑固一徹」をこの間打ちました

実は、この台、あるホールではかなり前に1度打ったことがあります


が、最近行くホールで、ついこの間、新台として入りました  2台

新台なのに出ていない、(このホールではよくあることですが…)
出ていないから、回ってもいない…

グラフを見ると2台とも新台なのに、毎回200~300Gほど
はまってばかりのようでした

ホントに最近の台は、設定がよっぽどよくないと、遊ぶ気になれませんね



とりあえず、別のホールで打ったので、その感想を…

これはノーマルAタイプです

子役同時抽選でボーナスの可能性があります


ほぼ全子役可能性あり、らしいのですが
私は3連チェリーが1発目のボーナスでした
他に、スイカならまぁまぁ、特殊リプレイは、確認できませんでした

獲得枚数は
 ビックボーナス=311枚(14枚GETを1回すれば)
 レギュラーボーナス=103枚(13枚GETを1回すれば)

以前から出ている巨人の星シリーズと、演出は似たり寄ったりですね
液晶がないだけ、5リールすべてで、状況を判断しなければなりません

明子演出は、以前と比べるとあまり熱くないです
というか、あまり…

大リーグボール対決も、そんなに熱くない

追加された演出は、父ちゃんが突然しゃべります
台の中央部分に父ちゃんのセリフが出ます
赤文字、なら、まあまあ、金文字(私は見てないけど)なら激熱だそうです



獲得枚数が311枚と、魅力的ではありますが
ほとんどの演出が、こけるので、当らないと「つまらない」印象が残ります

当っている台は、スイカや演出の割合が多い(当たり前?)ので
そこ辺りが見極めのポイントでしょうね

100G連チャンしなかったら、スイカがあまり出なくて、出ても演出が絡まなかったら…
という感じで、私は止めどきを、決めてます

人気がないので、とりあえず打ってみるのも面白いかもしれませんが…


ではでは…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。